予防注射

予防注射(ワクチン接種)は、ご家族である愛犬・愛猫の健康・生命を守ってくれます。 定期的なワクチン接種により予防できる伝染病が多く、健康・生命の維持に大変有効な手段です。
伝染病は他の動物と直接接触しなくても便、尿、唾液などを介して感染してしまう事があります。また、あまり外に出ないからといっても、知らないうちに人が自宅に病原体を持ち込む可能性もありますので、油断は禁物です。

狂犬病ワクチン

生後3ヵ月齢以上の犬は年に1回の接種が法律で決められています。 現在、狂犬病は日本では発生していませんが、海外の多くの国では狂犬病患者は増加しているため、今後、日本でも狂犬病が発生する可能性は高まっています。狂犬病は犬だけでなく人を含む哺乳類に感染し、発症してしまうとどんな治療を行っても、ほぼ100%死亡するとてもとても怖い病気です。
狂犬病ワクチンの接種は法律で定められているからだけでなく、日本での狂犬病の蔓延を予め防ぐためのものでもあります。

犬の伝染病とワクチン

犬の感染症には、犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬パルボウイルス感染症、レプトスピラ症などがあります。感染して発症すると生命に関わるものもあります。 クレッセ動物病院での犬のワクチンの種類は主に6種、8種混合があり、ワンちゃんの環境やライフスタイルに合わせて選択します。
また、当院ではコアワクチンといわれる犬ジステンパー、犬パルボウイルスの死亡率の高い伝染病のみのワクチンも常備しています。コアワクチンは子犬だけでなく、過去に混合ワクチンアレルギーが出たワンちゃんで、予防接種をあきらめている方にも接種できる可能性があります。詳しくは獣医師までご相談下さい。
猫の伝染病には、猫汎白血球減少症、猫カリシウイルス感染症、猫白血病ウイルス感染症などがあります。猫の場合も発症すると命に関わる病気もあります。 当院での猫のワクチンは3種、6種があり、これもネコちゃんの環境やライフスタイルに合わせて選択します。
予防注射の料金はコチラ

予防注射を予定されている飼い主さまへ

ワクチン接種をする日は、できるだけ午前中の診療時間にご来院下さい。午後であれば可能な限り早い時間にご来院下さい。

診療時間

ワンニャン検診

病気と健康管理

クレッセ動物病院情報

スタッフブログ

クレッセ動物病院ツィッター

取り扱いカード

※その他のカードについてはお問合せください

スマートフォン向けサイト用QRコード

※上記のQRコードをスマートフォンで読み込んでください。スマホ向けURL
http://cresse-ah.com/spj/