病気と健康管理

ホーム > 病気と健康管理 > ノミ・マダニ予防
 

ノミ・マダニ予防

みなさん、こんにちは☆フィラリア予防の季節がやって参り ました!一ヶ月に一度、愛するわんちゃんを守るためにも忘 れずにお薬を飲ませてあげて下さいね♪

ノミ・マダニについて

この季節、フィラリアと一緒に予防しなければならない外部寄生虫として、 主にノミ、マダニが挙げられます。寄生すると吸血を行い、宿主に様々な悪 影響を及ぼします。感染症(猫引っ掻き病、日本紅斑熱、バベシア症、ライム 病、等)を媒介し、ノミはアレルギー性皮膚炎を引き起こしたり、瓜実条虫 を媒介します。媒介する感染症の中には命に危険が及ぶものや、人獣共通感 染症(ズーノーシス)も含まれますので、人間に危険が及ぶこともあります。 お散歩に行くわんちゃんやよく外へ出かける猫ちゃんは、予防することを お勧め致します。しかし、うちの子は外に出ないから大丈夫、と思っている方 油断は禁物です。ノミやマダニは人の靴の裏などに付いて室内に侵入すること もあるので、シーズン中だけでも注意しておくのが無難です。

予防について

予防方法は至って簡単。フィラリアと同じようにお薬を月に一度与えるだ けです。背中に付ける液体タイプのお薬、錠剤のお薬、おやつ(お肉)タイプの お薬など、バリエーションがありますので、アレルギー等を考慮した上で、 それぞれのわんちゃん猫ちゃんに合った方法で予防することができます。 予防期間としては、この辺りの地域では4月〜11月くらいまで、と言われ ています。最近は冬でも暖かい日がありますので、年間投薬をしている方 も珍しくはありません。

注意

もしも、わんちゃん猫ちゃんにマダニが寄生しているのを見つけた場合、絶対 に素手で触れたり、無理に引き離そうとしてはいけません。深く食い込んで いる口器部が引きちぎれ、中の病原体が含まれている可能性のある体液に 触れてしまうことになりますので、大変危険です。動物の皮膚に残った口器 部が膿瘍の原因となることもあります。安全に取り除く方法もありますが マダニを見つけたら無理をせずに、動物病院に連れて行ってあげてくださいね。


クレッセ動物病院 看護師 佐藤

診療時間

ワンニャン検診

病気と健康管理

スタッフブログ

クレッセ動物病院ツィッター

取り扱いカード

※その他のカードについてはお問合せください