病気と健康管理

ホーム > 病気と健康管理 > ワンちゃん・ネコちゃんにとって危険な食べ物
 

ワンちゃん・ネコちゃんにとって危険な食べ物

だんだん気温も低くなり、冬に近づいてきましたね。今月は今一度確認しておきたい、ワンちゃん・ネコちゃんが食べると中毒の危険のある食べ物・物質についてお話しします。

与えるべきではない食べ物

アルコール飲料・アボカド・チョコレート・コーヒー脂っこい食べ物および食用油・マカダミアナッツ・ナッツカビが生えたり古くなった食べ物、タマネギおよび全てのネギ属(長ネギ・ガーリック・らっきょう・チャイブなど)オニオンパウダー、ブドウおよびレーズン、塩、酵母のパン生地キシリトールを含んだ食品、キノコ類、柑橘系のフルーツ

その他中毒を起こしやすい物質

ヒトが服用している薬・市販薬・観葉植物・鉢植えの水・クリスマスツリー・タバコ・除草剤・殺虫剤・殺鼠剤・動物毒(ヒキガエル・昆虫クモ・ヘビ)など
ガソリン・不凍液・凍結防止剤

中毒性植物

サゴヤシ・ユリ(特に猫に対して強い毒性)チューリップの球根・ツツジ
サツキ・アザレア・シクラメン・クリスマスローズ・スズラン・ポインセチア

この他にもさまざまな植物が動物に対して毒性を示すことが知られているので注意が必要です。この他の食物も合わなくて症状が出ることも有ります。

与えてはいけない食べ物や、毒性のある物は知っているようで知らない物も多いですよね。もし万が一大量にたべてしまった時や、吐き気や下痢などの症状がみられる場合は早めに動物病院に診てもらいましょう。基本的に、総合栄養食のフードはそれだけでしっかりとバランスのよい栄養を摂る事ができます。人間の食べ物はアレルギーの原因となる事もあり、外耳炎、軟便皮膚炎をひき起こす事もあります。なるべくはドライフードだけの食餌を心がけましょう!

何か分からないことがあればお気軽にお問い合わせください!


クレッセ動物病院

診療時間

ワンニャン検診

病気と健康管理

スタッフブログ

クレッセ動物病院ツィッター

取り扱いカード

※その他のカードについてはお問合せください