病気と健康管理

ホーム > 病気と健康管理 > 気管虚脱(犬)
 

気管虚脱(犬)

気管虚脱は、犬特有の呼吸器の病気です(極めてまれですが猫でも報告があります)。 筒状の気管がつぶれてしまい様々な呼吸器症状を起こします。病気の進行とともに症状が悪化するとは限らず、異常に気づかないこともあります。

原因

気管軟骨とよばれる軟骨によりチューブ状を維持していた気管が、弱くなってしまいつぶれてしまう病気です。詳しい原因はわかっていませんが、遺伝的な素因、加齢により気管の変形、高温多湿などの環境因子、首輪による喉の圧迫(リードの強い牽引など)、よく吠える、肥満などが誘発要因といわれています。

発症

トイ・プードル、ヨークシャーテリア、ポメラニアン、チワワ、マルチーズなどの小型犬種で多くみられます。その他の犬種でもみられます。

症状

初期症状では単発の短い咳を認め、徐々に連続した長い咳となり、咳の後に痰を吐くような仕草を認めることもあります。また、より病態が進み、重度になると、興奮時したときや速い呼吸により「ガチョウの声」のような「ガーガーガー」といった呼吸音や、呼吸困難、チアノーゼ(酸素欠乏により舌が青紫色になる)などを認めます。

診断

一般的な身体検査、レントゲン検査などを行います。
また、咳を起こす他の病気の鑑別も行います。

治療

軽度や極端な進行のない場合は内科療法を行います。しかし、お薬などでつぶれた気管を元に戻すことはできません、症状の緩和を目的とします。
重度の場合や進行の早い場合は、外科的な治療が必要となります。

予防

肥満や高温多湿に注意しましょう。
散歩中の首輪により首を圧迫しやすい子などは胴輪(ハーネス)にすると良いでしょう。
咳が出たり、水を飲むときにむせたり、呼吸がおかしいなどのような症状がみられるようでしたら、早めに病院へ受診しましょう。


クレッセ動物病院 院長 西山獣医師

診療時間

ワンニャン検診

病気と健康管理

スタッフブログ

クレッセ動物病院ツィッター

取り扱いカード

※その他のカードについてはお問合せください