病気と健康管理

ホーム > 病気と健康管理 > 猫白血病ウイルスについて
 

猫白血病ウイルスについて

この病気は猫ちゃんにとっては恐ろしい病気として知られています。猫ちゃんを飼われている飼い主様には是非とも知って頂きたい病気です。今月はこの病気についてお話しいたします。

猫白血病ウイルスってなあに?

猫白血病ウイルス感染症は、ヒトや他の動物には感染せずに猫科の動物のみに感染する病気で、若い猫ちゃんでひとたび発症すると死亡率の高い恐ろしいウイルス疾患です。

どのように感染するの?

このウイルスは唾液、尿、涙液、乳汁、血液そして胎盤を介して感染します。空気伝播の感染はあまり多くありません。猫ちゃん同士のケンカによる外傷(噛み傷)と口や鼻への直接の接触が最も多い感染源といわれてます。このウイルスは唾液に多く存在するからです。

感染するとどのような症状がみられるの?

感染していても、すべての猫が発症するわけではありません。発症すると初期症状としては、発熱、元気消失、貧血などの症状が一週間〜数ヶ月続きます。中には完全に回復する場合もありますが、回復しなかった猫ではウイルスが潜伏し続けます。骨髄に侵襲すると、病名の通り、リンパ腫や白血病を発症したり、免疫力の低下により感染症をおこしたり、鼻炎、口内炎、皮膚炎などを引き起こします。子猫は発症しやすく死亡率は高いと言われています。

感染しているか、していないかはどう分かるの?

血液検査(抗体検査)で簡単に検査ができます。当院では、猫白血病ウイルスと猫免疫不全ウイルスの検査を同時に行っております。去勢・避妊手術を行う際に術前の血液検査を行っておりますのでその際にウイルス検査を薦めております。また、検査結果が陰性でも潜伏期間がある為、お外に出る猫ちゃんは特に定期的な検査が必要となります。

予防方法はあるの?

外に出る猫ちゃんは他の猫ちゃんとケンカすることが日常茶飯事で起こるので、感染する危険がかなり高いといえます。室内飼いにすることが一番の予防といえるでしょう。 それでも外に・・という場合は定期的なワクチンの接種をオススメいたします。(当院でも随時行っております) もちろん、外に行かない猫ちゃんでもいつ感染にさらされるか分からないのでワクチン接種はとても大切な予防といえます。猫ちゃんを飼われている飼い主様で一度も検査されたことがない場合や、その他詳しく知りたい方(他の動物病院で陽性結果が出た猫ちゃんの今後の治療方針や多頭飼い環境下での飼育育方法など)はスタッフまでお問い合わせ下さい!猫ちゃんの命を奪ってしまうかもしれないこの病気。まずは飼われている猫ちゃんの検査から行ってみてはいかがでしょうか?


クレッセ動物病院 看護士 原田

診療時間

ワンニャン検診

病気と健康管理

スタッフブログ

取り扱いカード

※その他のカードについてはお問合せください