病気と健康管理

ホーム > 病気と健康管理 > 犬の椎間板ヘルニア
 

犬の椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、人だけではなく犬にも起こる病気だとご存じでしたか?
抱き上げると悲鳴をあげる、歩き方がフラフラしている、段差の昇り降りを嫌がる・・・などの症状はありませんか? それらは、椎間板ヘルニアの始まりかもしれません。

椎間板ヘルニアってどんな病気?

背骨は椎骨と椎骨の間にある椎間板でつながっています。とても弾力性のある組織で、体を動かしたときの衝撃を吸収するクッションのような働きをします。この働きにより体を左右に曲げたり、ねじったりできるのです。しかし,激しい運動、肥満、老化、などが原因で、椎間板にかかる負担が大きくなったときにその椎間板が外に飛び出し、背骨の上の神経(脊髄)を圧迫し、激しい痛みや体の麻痺など様々な症状を起こす病気です。また、軟骨異栄養症性犬種である、ダックスフンド、ペキニーズ、ビーグルなどは、遺伝的にも発生しやすいといわれています。

どんな症状が起こるの?

背中に痛みがあるため、動くのを嫌がるようになり、抱き上げると悲鳴を上げることもあります。麻痺が進んでくると、後ろ足がふらつき、ヨロヨロと歩くようになります。さらに悪化すると、後ろ足を動かせず、立ち上がることも出来なくなります。また、腰から下の感覚が鈍くなるため自力での排泄・排尿が困難となり、排泄したことにすら気付かないようになります。完全な麻痺状態になると、痛みすら感じないようになってしまいます。

治療法・予防法はあるの?

治療法
症状が軽い場合は、投薬での内科的治療を行います。また、関節に良いサプリメントなどを与えてあげるのもいいでしょう。 内科的治療を続けても改善しない場合や、症状が重度の場合は外科的治療を行います。 治療後のリハビリも大切です。
予防法
★段差のある場所をなるべく避ける。
★フローリングなどの滑りやすい場所は、滑りにくいように工夫する。
★激しい運動は避け、適度に運動させてあげる。
★肥満は要注意!食事管理を徹底し、肥満防止に努める。
*ダイエットが必要なワンちゃんのためのフードや、関節をサポートするサプリメントを扱っておりますので、お気軽にお申し付けください。


クレッセ動物病院 院長 西山 寛

診療時間

ワンニャン検診

病気と健康管理

スタッフブログ

取り扱いカード

※その他のカードについてはお問合せください