病気と健康管理

ホーム > 病気と健康管理 > 犬猫の乳腺腫瘍
 

犬猫の乳腺腫瘍

みなさん、乳腺腫瘍という言葉は、ほとんどの方が耳にした事があると思いますが、 イヌ・ネコにも発症する病気だとご存じでしたか?今月は乳腺腫瘍についてご紹介致します。

乳腺腫瘍ってどんな病気なの?

乳腺腫瘍はメスに発症する事の多い病気です。オスにも発症します。高齢期に多い病気ですが 若齢期でも、発生が認められています。
イヌでは、乳腺は(乳房)左右両側に4〜5対あり、脇の下から、足の付け根まで伸びて います。乳腺腫瘍は乳腺に沿って、固いしこりが認められます。しこりの大きさは、数ミリ〜 数十センチの物まで様々です。全腫瘍の中でも発生率は約5割を占めるとてもかかりやすい 病気といえます。ネコの乳腺腫瘍の約8割・イヌでは約5割が悪性腫瘍(ガン)といわれてい ます。また、悪性腫瘍の場合、発見が遅れると腫瘍が転移し、(主に肺・リンパ節など)末期 の状態になると死に至るケースも少なくありません。

乳腺腫瘍の原因

犬の乳腺腫瘍は、はっきりとした原因は不明ですが、発生にはエストロゲン・プロゲステロン などの女性ホルモンとの関係があると示唆されています。不妊手術を受けていないワンちゃん は発情後に乳腺腫瘍が大きく成長することがあります。

治療法

乳腺腫瘍が見つかった場合は、ほとんどの場合、外科手術による、腫瘍摘出手術を行います。 腫瘍が1つだけで、他の組織とくっついていない場合は、部分的に腫瘍を摘出する場合もあ りますし、多発している場合は、すべての乳腺を切除する場合もあります。また、必ず病理 組織検査を行います。病理的診断は悪性・良性かだけでなく、腫瘍の種類などについて調べ ることで今後の予後の経過や再発についての注意すべきことが判る重要な検査です。いずれ にしても乳腺腫瘍は、人間の様に乳腺が1対だけではないので、再発の危険性が高く、早期 発見及び術後も定期的な検診がとても大切です。

予防法

若いうちに避妊手術をすることで、腫瘍発生の予防効果が、かなり期待できます。
イヌの場合、避妊手術をしていないと、約4分の1の高い割合で乳腺腫瘍が発生しますが、 初めての発情の前に避妊手術をしておくと、乳腺腫瘍の発生率はかなり低く、0.05%と 報告されています。初回発情の後は、乳腺腫瘍の発生率はどんどん高くなります。
早期避妊手術が、乳腺腫瘍の発症予防にかなり有効な予防法であるのはもちろん、子宮 蓄膿症・卵巣腫瘍などの病気を根絶できるのも大きなメリットと言えます。


クレッセ動物病院 院長 西山 寛

診療時間

ワンニャン検診

病気と健康管理

スタッフブログ

取り扱いカード

※その他のカードについてはお問合せください